生命に触れる

GWも終わり、またにぎやかな実験教室が始まりました♪今回のテーマはメダカ。卵の中の生命を観察しました。心臓が動いている様子、血液が流れる様子まで見えて、卵の中にも大切な命があることに感動した子どもたちでした。

まずは、メダカの成魚をじっくりと観察します。ヒレの形はどうなっているかな?息はしているの?
ホテイソウの根についた卵を探します。真剣!
あ!あった!大興奮です。卵の硬さは?色は?
シャーレに、自分が見つけた卵をいれました。
駒込ピペットの使い方もとっても上手。姿勢もいいですね!
初めてのデジタル顕微鏡に、みんな夢中です。見えた!動いた!そして、自分の卵が見たくて仕方ない(笑)
GW中、風がとても強い日があったので、少し風力のお勉強を…と風車も作りました。ロビンソンクラスは、製図からやります。
メダカに盛り上がりすぎたので、「風のちから」は、またゆっくり実験しましょう!ひとまず、オリジナル風車が完成しました♪くるくるよく回りました。

前の記事

化石を展示しました♪